子供の近視回復・ネット学校

子供の近視回復の方法や、急激な視力低下を予防するためのヒントを解説しています。

子供の近視回復法を解説

「子供の近視回復・ネット学校」は、インターネット上で子どもの視力回復情報や、急激な視力低下を予防するためのコツを解説するサイトです。

子どもの近視回復の秘訣は、早期発見に尽きます。子どもの目と脳は、ほかの体と同様に成長期にあります。そのため不安定であり、環境の影響をうけやすくなっています。

小学校や中学校の年代で、受験勉強や読書、携帯型ゲーム機、パソコン、塾通いが長時間続いて目を酷使すると、目は近眼の方向へと進行していきます。

近くを見やすい目に適応するわけです。
それは近視の目は、疲れ目を起こしづらく、眼精疲労を軽減できるからです。

子どもの視力低下のスピードは、大人の3倍以上。学校での春の視力検査、つまり学校検眼でA判定やB判定であっても、1年後にはCランクやDランクであっても不思議ではありません。

その反面、子どもの近視回復の速さも大人以上です。それは前述したように、まだ成長期にあるからであり、目はまだ柔軟性に富んでいるのです。

いまは幼稚園児でさえも、近視の幼児がいるとききます。これはまさにゲーム機の普及などによる、現代病といえるでしょう。本来、幼児期は遠視の状態であり、眼球が短いのですが、すでに近視化現象が終了し、近眼へ突入しているのです。

子供の近視回復には、毛様体筋や外眼筋をトレーニングすることが適しています。まだ目の筋肉が柔軟なので、いくらでも視力改善していくことができます。

とはいっても、やはり早期発見し、親が仮性近視の段階で、子供の近視を発見し、回復に踏み出したほうが、労力も少なくて済みます。

当サイトが小学生や中学生の子供の近視回復のために、お役に立てれば幸いです。

子供の近視を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」





子供の視力回復 視力低下なら 近視の視力の回復 視力回復トレーニング方法の情報はこちら 子供と視力低下 子供の近視を治す

子供の近視を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の近視回復のためのトピックス