子供の近視回復・ネット学校

子供の近視回復の方法や、急激な視力低下を予防するためのヒントを解説しています。

サイトトップ > 子供の視力低下の原因と対策法

子供の視力低下の原因と対策法

子供の視力低下の原因は、一体なんでしょうか?

親御さんも薄々分かっていると思いますが、近くを見る時間が多いことが一番の要因です。

たとえばニンテンドーDSなどの携帯ゲーム機で長時間遊んでいると、近い距離に目は固定され、眼球の動きも小さな画面の範囲内になります。

このため目の筋肉が肩こりのように、こり固まって緊張してしまうのです。遠近調節を司っている毛様体筋は水晶体を厚く調節したまま、緊張を強いられます。眼球を動かす役割の外眼筋は、運動不足となって、弱体化していきます。

このように目の筋肉の緊張と運動不足が、子供の視力低下の原因となります。

べつにゲーム機だけに限りません。
パソコンでも受験勉強でも塾通いでも、長時間近くを見る生活が習慣になると、目の筋肉が緊張を強いられるのです。これに加えて、夜更かしや寝不足があれば、目の免疫力も低下して、急激に視力は低下していきます。

それでは子供の視力低下の対策法は、どのようなものが考えられるでしょうか?これは子供の視力低下の原因がわかれば、おのずと見えてきます。原因は、前述したとおりです。

近くの見すぎで毛様体筋が緊張して、遠くにピントが合わないのであれば、勉強中にたまに遠くに目を向けて、毛様体筋の緊張を解いてやることです。また、1時間に1回は手を休めて、遠くの景色をながめたり、遠くを近くを交互に見る遠近体操法を実践しましょう。

ゲーム機などで長時間目を酷使したあとは、上記の対策以外に、目をよく動かしてあげましょう。たとえば窓枠の四隅を結ぶように、対角線上を視点移動します。意識的に目を動かして、外眼筋の運動不足を防ぐのです。

子供の視力低下のスピードは大人の3倍以上ですが、子供の近視回復の速さもあっという間です。子供の目は可能性に満ちているのです。

子供の視力低下の原因と対策方法は、お分かりになったでしょうか?もちろん市販されている3Dのマジカルアイ(立体視)の視力回復の本でもいいでしょう。ピンホールメガネなどの視力回復グッズをかけさせると、子供も面白がって長続きするかもしれません。

ただ、覗くタイプの視力回復機器は、子供にとって忍耐を必要とするので、つらいと感じるかもしれません。できることなら、動きをともなった視力回復トレーニングや訓練法がいいですね。

子供の近視を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の近視とは?一覧