子供の近視回復・ネット学校

子供の近視回復の方法や、急激な視力低下を予防するためのヒントを解説しています。

サイトトップ > 子供の近視とは?

子供の近視とは?

子供の近視は、仮性近視か、真性近視に突入していたとしても、初期の近眼であることがほとんどです。

小学校くらいの年代では、まだ近視歴が浅いため、眼球が伸びる軸性近視というような強度の近視であることは、まれです。

仮性近視や初期の近眼であるということは、視力低下の原因は、目の内部の筋肉である毛様体筋のコリ・緊張にあるわけです。

そうなると毛様体筋のコリを、肩こりをほぐすように解いてやれば、子供の近視は回復していくことになります。まだ眼球がさほど変形していないことが、子供の視力回復の強みです。

幼児はもともと遠視の状態であり、眼球が短くなっています。それが成長とともに眼球が長くなっていき、正視の状態になり、眼球が完成します。

そのため、もし元もとの遠視の度合いが少ない子供は、すぐに眼球が伸びだして、強度の近視になっていくことになります。反対に生まれつき遺伝で遠視の度合いが強い子どもは、眼球が伸びたとしても、近視にまでは至らず、目もいいということになります。

子供の近視は、あっという間です。
視力検査(学校検眼)の検眼通知書でB判定であっても、すぐにC判定やDランクになってしまいます。子供の視力低下は急激であり、大人の3倍の速さで進行していくといわれています。

とはいっても、仮性近視や屈折性近視の段階であることが多く、一時的な視力低下であることが多いので、子供の近視は視力回復しやすいといえます。

注意すべきは、子どもの近視と思っていても、じつは遠視だったということもあります。学校の視力検査(学校検眼)で視力0.2とか視力0.3であっても遠視の場合があるのです。遠視とは遠くも近くも見えないため、近眼よりも大変な目といえます。

もし遠視を放っておくと、視力矯正しても視力1.0が出ない弱視になります。視力が正常に発達しないまま、脳が完成してしまうからです。屈折性弱視の場合は、10歳までに遠視用メガネを装用すれば視力回復することができます。

子供の近視を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力低下の原因と対策法

子供の視力低下の原因は、一体なんでしょうか?親御さんも薄々分かっていると思いますが、近くを見る時間が多いことが一番の要因です。たとえばニンテンドーDSなどの携帯

子供の視力低下の原因と対策法

子供の近視矯正について〜メガネやオルソケラトロジー

子供の近視の矯正について、何点か解説します。まず子供が近視になったからといって、メガネを常用するのは感心できません。もちろん眼科医は、つけたり外したりせずに、日

子供の近視矯正について〜メガネやオルソケラトロジー

子供のメガネとスポーツの関係〜フレームやモダン

子供のメガネはスポーツ時には、いくつかの注意点があります。まずメガネを掛けていると、ドッジボールをしていてボールが顔にあたると、こわれてしまう危険があります。ふ

子供のメガネとスポーツの関係〜フレームやモダン

子供の視力回復トレーニング法とは?〜毛様体筋が鍵

子供の視力回復トレーニング法は、とても簡単です。ただし注意点もあります。それは子供の飽きやすさという問題です。小学生や幼稚園児の子供は、まだ目が成長期にあります

子供の視力回復トレーニング法とは?〜毛様体筋が鍵

子供とコンタクトレンズ〜まだ早い、メガネで十分

子供とコンタクトレンズに関して言えば、まだ早いような気がします。言うまでもなくコンタクトレンズの装用というのは、眼球の上にレンズを載せるわけです。こういった視力

子供とコンタクトレンズ〜まだ早い、メガネで十分

近視の小学生が増えている?

近視の小学生が年々ふえています。従来は小学校高学年から近視が始まることが多かったのですが、最近では小学校低学年から、近視が進行しています。小学校入学の1年生であ

近視の小学生が増えている?

子供の視力検査について〜学校検眼

子供の視力検査とは、小学校や中学校で実施されている身体検査における学校検眼です。通常、小学校では春に健康診断が行なわれます。このときに子供の視力検査が行なわれる

子供の視力検査について〜学校検眼

視力回復グッズとは?〜マジカルアイやピンホールメガネ

視力回復グッズは、子供の近視回復にとって有効だと考えられます。なぜなら、こういった目のグッズ・アイテムは、使っていて面白いものですし、子供も視力回復トレーニング

視力回復グッズとは?〜マジカルアイやピンホールメガネ

近視の通電療法とは?〜眼科で近視回復する治療

近視の通電療法という、子供の近視回復法があります。一般的には、子供の仮性近視の治療を眼科で行なう場合、ミドリンやサンドールといった散瞳薬が思い浮かぶかもしれませ

近視の通電療法とは?〜眼科で近視回復する治療