子供の近視回復・ネット学校

子供の近視回復の方法や、急激な視力低下を予防するためのヒントを解説しています。

サイトトップ > 子供の視力検査について〜学校検眼

子供の視力検査について〜学校検眼

子供の視力検査とは、小学校や中学校で実施されている身体検査における学校検眼です。

通常、小学校では春に健康診断が行なわれます。
このときに子供の視力検査が行なわれるわけですが、年1回では少なすぎるといえます。この検査体制が近視の小学生を増加させているのです。

子供の視力低下は急激に進行していきます。
大人の3倍以上なのです。そのため半年後には視力1.0だったのが、視力0.3ということもあるのです。ましてや1年に1回の子供の視力検査では、そうした兆候は見抜けません。学期の節目ごとに、たとえば2学期の初めと3学期の初めにも、子供の視力検査を行なうべきだと思いますが、どうでしょうか?

しかし学校検眼制度の改良を待っていたのでは、自分の子供の目を守れませんから、自宅で視力検査表を購入して、頻繁に子供の視力検査をするといいと思います。

子供の視力検査では、昔は視力1.0とか視力0.7とか、数値そのもので評価されましたが、今は違うようですね。A、B、C、D四つのランクで分けられています。

A判定は視力1.0以上、B判定は視力0.7〜0.9、C判定は視力0.3〜0.6、Dランクが視力0.2以下となっています。これは目の通信簿のようなもので、学校からもらう検眼通知書に記載されています。

このうちB判定の視力0.7〜0.9の範囲は、仮性近視であることがほとんどです。この段階で眼科に行くようにいわれて、実際に目医者にかかると、メガネを勧められるかもしれませんが、けっして眼鏡は掛けないで下さい。

前述したように、子供の視力低下のスピードは大人の3倍以上です。眼鏡を掛けだすと、かなり子供の目の筋肉(毛様体筋)に負担がかかります。眼鏡という環境に合わせて、目を近眼に作り変えてしまうのです。メガネを掛けるということは、目から12ミリ離れたレンズ上の像を見ていることになります。つまり常に至近距離のものを見るので、近視が急速に進行していくのです。

子供の視力検査も大事ですが、それと同時に、日ごろから目のメンテナンス、つまり視力回復トレーニングを習慣化しましょう。たんに近くのものと遠くのものを交互に見比べるだけですから、簡単です。自宅で無料でできます。

そのほか眼球をよく動かすといいでしょう。
たとえばパソコンやテレビ画面の四隅を目で、対角線に結ぶのです。これはお母さんも、目の疲れ解消や眼精疲労の予防法として使えますので、おすすめですよ。

子供の視力検査で注意すべきこととして、たとえ視力0.2とかでも、近視だけではなく、遠視の場合もあるということです。遠視は遠くがよく見える目という誤解があるようですが、じつは近くも遠くもどこも見えない目なのです。そのため子供の遠視は、弱視の原因になります。

弱視を放置していると、メガネなどの眼科医療器具で視力を矯正しても視力1.0以上が出なくなるので、要注意です。つまり脳が未発達のまま止まってしまうのです。そこで視力が悪い場合は、念のため、眼科で近視か遠視かを診察してもらいましょう。

もし屈折性弱視と診断されたら、10歳までなら、弱視を視力回復させることができます。遠視用メガネを装用すればOKです。しかし不同視弱視といって、片目だけ強い遠視であったら、事態は深刻です。

とにかく子供の視力検査で結果がでたら、早期対処が大切です。子供の目は早期発見し、至急に対処すれば視力改善していくものなのです。

子供の近視を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の近視とは?一覧