子供の近視回復・ネット学校

子供の近視回復の方法や、急激な視力低下を予防するためのヒントを解説しています。

サイトトップ > 子供の近視矯正について〜メガネやオルソケラトロジー

子供の近視矯正について〜メガネやオルソケラトロジー

子供の近視の矯正について、何点か解説します。

まず子供が近視になったからといって、メガネを常用するのは感心できません。もちろん眼科医は、つけたり外したりせずに、日中はずっとメガネを掛けているようにと指導することでしょう。

しかし眼科専門医は、目の病気の専門家であり、視力回復に関しては否定的です。眼鏡を掛けて矯正視力が1.0以上なら、正常な目とみなします。

裸眼で視力0.9は眼科医にとっては屈折「異常」ですが、眼鏡を掛けて視力1.0になれば正常なので、なんとしても眼鏡を勧めるわけですね。

子供の近視矯正をするにしても、ずっと眼鏡やコンタクトレンズを装着していたら、急激に視力が低下していくので注意してください。視力回復に関しては、民間療法のほうがいいのです。東京視力回復センターのほうが、目医者よりも、よっぽど信頼が置けます。

子供の近視なら、手もとは裸眼で見えることが多いでしょう。その場合は、裸眼で手もとを見る習慣をつけたほうが視力が低下しにくくなります。学校の黒板とか遠くを見るときだけ、一時的にメガネの力を借りるのです。

もちろん授業中は、ノートも見ますし黒板も見るので、いちいち付け外していたら大変なので、ずっとつけていてもいいでしょう。でもメガネを掛けるのは、できるだけ授業中だけにし、あとは不自由を感じないかぎりは、裸眼ですごしたほうが子供の近視矯正の考え方としては、正しいでしょう。

仮性近視の段階で子供が近視矯正用のメガネを掛けていたとしたら、大間違いです。仮性近視なら眼科の目薬でも効く場合がありますし、民間の視力回復トレーニングを毎日自宅で実践することによって、確実に視力が改善されるからです。

市販されている視力回復の本を活用してもいいでしょう。3Dの立体視ができるマジカルアイという視力の本ですね。そのほか穴が開いたピンホールメガネも、子供は面白がって、掛けてくれるでしょう。子供は、覗くことが好きなのです。

とはいっても、じっとして覗くだけの視力回復機器では、子供は耐え難いものを感じるかもしれません。退屈すぎるからです。超音波治療器ソニマックなら、子供をヒザに乗せて、毎晩お母さんが目に超音波を照射してあげるといいと思います。

心因性視力障害の治療法に、だっこ点眼療法というものがあるので、それにならって、だっこすることも有効なのです。

子供の近視矯正としては、レーザー角膜屈折矯正手術であるレーシックは、まだ早いのでできません。レーシックのクリニックでは、18歳未満は、受け付けてくれません。20歳未満もレーシック手術を受けられない眼科もあります。それは、子供の目は成長期にあり、まだ柔軟性に飛んでおり、視力の変動が激しいからです。

逆に言えば、小学生の子供の目は、どのようにでも視力アップしていけることを意味します。子供の視力低下は急激に進んでいく反面、視力向上の速さも、大人の何倍もあるのです。

子供の近視矯正の方法には、メガネ、コンタクトレンズのほかに、オルソケラトロジー治療があります。これは睡眠中に特殊な形状をしたハードコンタクトレンズを装用させると、起きたときに視力が回復しているという眼科治療法です。

これは視力の矯正法ですが、仮性近視の場合、ほんとうに目が治ることがあります。角膜の突出をおさえるためか、実際はわかりませんが、そういう事例があるのです。ただし費用が高くなります。

とにかく子供の年代は、視力低下のスピードは大人の3倍以上なので、できるだけメガネなどの近視矯正器具を装用する時間を短くすることが大切です。そしてゲーム機の時間を短縮して、できるだけ外で元気よく遊ばせましょう。

子供の近視を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の近視とは?一覧