子供の近視回復・ネット学校

子供の近視回復の方法や、急激な視力低下を予防するためのヒントを解説しています。

サイトトップ > 子供の視力回復トレーニング法とは?〜毛様体筋が鍵

子供の視力回復トレーニング法とは?〜毛様体筋が鍵

子供の視力回復トレーニング法は、とても簡単です。
ただし注意点もあります。それは子供の飽きやすさという問題です。

小学生や幼稚園児の子供は、まだ目が成長期にあります。幼稚園児だとまだ遠視の状態であり、両眼視機能も未完成です。子供の目はだいたい小学校入学あたりの6歳で完成するといわれています。

ですから小学校の子供は、いちおうは眼球の形自体は、整ったといえますが、比率は同じでも全体的に成長を続けていきます。これは成長期が止まる20歳くらいまで、続いていくことになります。

子供の視力回復のトレーニングが簡単である理由は、このようにまだ目に柔軟性があり、どのようにでも視力をアップしていけることがまずひとつ。

もうひとつの理由は、子供が近視であるとしても、たかが近視歴など知れたものだからです。近視になってからの時間がながいほど、近眼は治りづらいとよくいわれます。これにのっとれば、子供の近視歴はせいぜい1〜2年以内です。

子供の視力回復トレーニングとして有効な訓練法は、たくさんあります。市販されている視力の本でもいいでしょう。3Dの立体視専用のマジカルアイなどですね。これは面白いので、のめりこむ子どももいると思います。

あとは穴がいっぱい開いているピンホールメガネでしょうか?ピンホールアイマスクとか視力アップアイグラスという呼び名もあります。自宅でピンホールメガネを掛けさせると、子どもは面白がって、ずっと掛けているかもしれません。これは毛様体筋を休ませることができるので、子供の仮性近視に対して効果的です。

子供の視力回復トレーニング法は、自宅で無料でもできます。視力回復センターに通うという選択肢もあります。これもひとつの方法でしょう。実績がある視力センターでは、実際に子供の視力が改善されています。しかし、家の周辺に施設がない場合は、困ってしまいますね。

家でできる子供の視力回復トレーニング法として、毛様体筋の訓練があります。これは鉛筆の下に書いてあるマークを目の前に立て、それと壁にかかっているカレンダーなどの文字を見比べるのです。これを遠近体操法といいます。遠くと近くを見比べることによって、毛様体筋の緊張・コリが解消されて、遠くにピントが合ってきます。

眼球をあちこち、すばやく動かすことも子供の視力回復トレーニングの方法としては有効です。これは外眼筋を鍛えることができます。近くのゲーム機(ニンテンドーDSなど)の小さな画面を見続けていると、眼球が動く範囲が狭くなるので、どうしても外眼筋が運動不足になり、子供の近視に直結していくのです。

そのほか、自宅でできる簡単な子供用の視力回復トレーニング法としては、視力回復の器械・器具を使った方法があります。スーパービジョン、アイトレーナー、メガトレ、Dr.Rex、ビジョンブライトなどの機械・機器ですね。しかし、これらの最大の欠点は、ただ覗いてじっとするために、子供は耐えられないということです。退屈すぎるのです。

超音波治療器ソニマックやミオピア、アイパワーなどは、お母さんがヒザにお子さんを乗せて、照射してやれば効果的ですね。ただし目に蒸しタオルを当てる以上の効果があるとは思えません。

子供の視力回復トレーニングの方法について、いろいろ解説してきましたが、実際やるとなると、どうしていいか分からないこともあるでしょう。また正しく実践できているのか、不安になるものです。

そこでインターネット上で公開されている、子供の視力回復トレーニングが記載されたマニュアルを活用しましょう。ここには、子供の近視回復への最短距離や秘訣が満載です。何か疑問点があれば、すぐにメールで質問できますし、あなたのお子さんの現状にあったアドバイスをもらうことができます。

自宅にいながらにして、視力回復センターに通っているのと同じ効果があります。

子供の近視を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の近視とは?一覧